1.40代から注意!加齢で増える目の病気 白内障とは

40代から注意!加齢で増える目の病気 白内障とは

白内障は、目の水晶体という組織が濁ってくる病気です。水晶体は、目に入ってきた光を屈折させ、ピントを合わせる働きをしています。本来は透明ですが、濁ることで目に入る光が減少したり、散乱したりします。水晶体が濁るのは、溶けにくくなったたんぱく質がたまるためです。

早い場合には40歳代から始まり、年齢とともに増加して、50歳代で8.4%、60歳代で約40%、70歳以上になると80%以上の人に見つかっています。

白内障の原因

水晶体が濁るのは、加齢が最大の原因です。糖尿病やアトピー性皮膚炎の人も、白内障になりやすいことがわかっています。また、過去に目をけがした人、ステロイド薬を使っている人、長期間目の病気がある人、目の手術を受けた人なども、早く白内障になる傾向があります。

白内障の治療について

ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われます。