認知症の症状と予防方法

認知症

脳は、人間の活動をほとんどコントロールしている司令塔です。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。かつては痴呆症といわれていた「認知症」とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。

 認知症高齢者の数はますます増加

65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。

認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されており、65歳以上の4人に1人が認知症とその「予備軍」となる計算です。

1.歯と認知症の関係

2.認知症と生活習慣病の関係

3.認知症の予防法

【関連ブログ記事】

判明 認知症の新たな予防改善法 ! 名医とつながる!たけしの家庭の医学 1月23日 放送内容②

血管ボロボロ&認知症から体を守れ! 葉酸の徹底活用 ガッテン!1/17放送内容