爪に現れる病気のサイン 健康カプセル!元気の時間 進行すれば命とり? 1/14 の内容について

健康と関係している爪!

今回は爪に関する情報です!

爪

《爪の役割の重要性》

手の爪⇒指先の骨は途中までしかないため、加わる力は爪で支えている。

爪がないと⇒小さいものを掴むことができない。

足の爪⇒自身の体重を支える足の爪。つま先に力を入れる際に重要。

《爪の気になる悩み》

スプーンネイルの⇒鉄欠乏性貧血で爪が薄くなり反ることがある。
※甲状腺の病気が原因の場合もある。また、健康でも慢性的に力が加わると反ることがある。

爪の縦線⇒年齢とともに目立つしわのようなもの!

爪の横線⇒日常生活に問題がある可能性!⇒爪のまわりに手荒れや、湿疹があると表面に横線が入ることがある。⇒水仕事の後はスキンケアを行う。

足の爪が白く濁り厚くなる⇒爪白癬、足の皮膚で増殖した白癬菌(水虫)が爪に侵入すると爪白癬になる。
※他人にうつることがあるので、バスマットなどは共有せず頻繁に洗うこと。

足の爪を切ると痛くなる⇒陥入爪(かんにゅうそう)⇒主な原因は深爪。深爪で爪の角が皮膚の中に埋没し、歩くたびに傷つけやすくなる。

二枚爪⇒過度の水仕事や除光液の使い過ぎなどで爪が乾燥し割れた状態。⇒爪の保湿ケアが大切!


Sponsered Link

《爪に現れる病気のサイン》

薄い縦線を放置していたら濃い縦線になった⇒メラノーマ(皮膚がん)の可能性!

 

《正しい爪の切り方》

特に陥入爪になりやすい人は⇒足の親指の爪の角は十分に伸びるまで切らない。角を残し四角い形にする。

最後に

寝入る(ネイル)前に 毎日見つめ(爪) 病気予防!!

以上

《関連コンテンツ》

ブログランキングに参加しています。よろしければ右サイドバーのクリックをお願いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です