最新 血管を改善して10歳若返る秘策 主治医が見つかる診療所 大公開SPの内容②

今回は毛細血管の改善方法です!(後半)

最新 血管を改善して10歳若返る秘策

2.超簡単に冷え性が改善し美肌になれる寝ヨガ!

寝ヨガ・座布団やクッションを用意!

①座布団を二つ折りにする⇒②肩甲骨の下に敷く⇒③手を万歳の状態にする⇒④両膝を曲げる⇒⑤右足を左ひざにかける⇒⑥息を吐きながら体を左へ倒す⇒⑦倒した状態で深呼吸を2回⇒⑧息を吸いながら足を戻す(無理せずできる範囲で!)⇒⑨足を逆にかけて同じように右側へ倒す⇒⑩2回深呼吸したら息を吸いながら元に戻す⇒⑪左右を行ったら座布団の位置を下げて同じ動きを繰り返す⇒⑫座布団を背中から腰の位置へ下げ同じ動きを繰り返す

くつろぎのポーズ

①仰向けの姿勢で目を閉じゆっくりと呼吸しながら全身の力を抜く⇒②このまま3分ほど体を休める⇒③3分たったら体をゆっくり起こし終了

3.血管が若返る食材「魚」

魚の栄養成分

(1)EPA

  • 血栓の発生を予防
  • 中性脂肪の悪玉コレステロールを減らす
  • 血管をやわらかくする

(2)DHA

  • 記憶力の向上
  • 認知症の予防

①朝に魚を食べることでEPAとDHAの吸収率がアップ!⇒血管の若返りが期待できる。

②かまぼこは良質のたんぱく質が豊富なため、血管の若返りが期待できる。

③干物は生魚と同じEPAとDHAを含んでいて、たんぱく質が分解され、アミノ酸に変化しておいしさもアップする。(ただし、塩分の摂りすぎに注意!)

④鮭はアスタキサンチンの抗酸化作用で老化、動脈硬化の予防が期待できる。


Sponsered Link

4.血管が若返る「肉」

①朝こそ肉を食べる⇒エネルギーを消費するときに熱を発生し、体が温まる。

②肉の食べ方⇒小さく切って30回噛む(血管の改善のためステーキの脂身は食べる。肉の脂身に多く含まれるオレイン酸が悪玉コレステロールを減らす。※ただし、血液検査で問題がなければ食べたほうが良い。)

③豚肉はパイナップルと一緒に摂ると良い。⇒ポークペプチドの健康効果は血栓の防止、動脈硬化の予防。

④ラム肉⇒カルニチンは脂肪の燃焼を助けるため代謝がアップしダイエット効果が期待できる。

⑤鶏肉⇒鳥の皮は鼻や喉の粘膜を保つビタミンAが豊富。かぜの予防に皮つき鶏ステーキがおススメ。

⑥ビーフジャーキー⇒たんぱく質が牛肉の3倍以上、栄養補給に最適!

⑦お酒の席では鶏皮⇒鶏皮の脂肪にはナイアシンというビタミンが含まれ二日酔いで発生するアセトアルデヒトの分解を助けてくれる。レバーもビタミンB2が含まれ目の角膜の保護、目の神経回路の保護に役立つ。

※アブラはバランスが重要!肉や魚をバランスよく食べることが大切!!

5.2週間血管若返りにチャレンジ

自宅でカンタン毛細血管改善法

(1) シナモン⇒血管の中にある細胞を活性化して血管を修復する働き。

ルイボスティー⇒健康に良いとされ、古くから飲まれていた。血管の細胞が活性化される。

※シナモンは1日小さじ1杯、ルイボスティーは1日1.5リットルを1日おきに摂取する。

(2)入浴中に手足をマッサージ

①手のマッサージ⇒指先からほぐすようにもむ

②手のひら、手の甲、腕の表と裏を体に向かってさすっていく

③足のマッサージ⇒指先からほぐすようにもむ。ふくらはぎ、膝裏、もも裏を体の中心に向かってさする。

④末端の部分から順にほぐしていくことで血液の流れが良くなる。

※両手、両足で5分程度毎日行う。

《関連コンテンツ》

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です