目の寿命は70歳! 1/22 名医のTHE太鼓判 スッキリ若返りSPの放送内容 目の病気とケアについて

名医のTHE太鼓判!今回のテーマは「目の寿命は70歳 スッキリ若返りSP!目の病気とケアについて

目はむき出しの臓器!正しいケア

目の寿命は70歳、 それを超えると白内障・緑内障・加齢黄斑変性などの症状があらわれやすくなる!

ケアで目の健康寿命は延ばせる

1.現代病 ドライアイ

涙の減少などで目の表面が乾き乾燥すると傷つきやすくなる。ドライアイの人にコンタクトレンズは向かない。眼球に傷がつきやすい。コンタクトレンズは、涙に浮いた状態で使うもの。

ドライアイなどで、涙が乾く⇒はりつく⇒それによって まばたき・目を動かす⇒角膜を傷つける

①ドライアイのチェック

正面をみて、10秒間目を閉じずにいられるか
・10秒以上   正常
・6~9秒    ドライアイの可能性あり
・5秒以下    ドライアイ

②ドライアイ改善法

まばたきストレッチ
・深いまばたき 2回
・速いまばたき 4回
・深いまばたき 2回
(1日に何回でも、やりすぎて悪いことはない)


Sponsered Link

2.50代から要注意!加齢黄斑変性

加齢黄斑変性チェック

どちらかの目で見たときゆがんで見えたら加齢黄斑変性かも!?

加齢黄斑変性⇒視力が低下し、ゆがんで見える⇒視界の中央が見えなくなる⇒放置すれば失明につながる!

原因としてはパソコン・スマホのLEDによるブルーライト!エネルギーが強く目に良くない⇒黄斑部に悪影響!

予防方法
緑黄色野菜を摂取する。
⇒黄色い色素(ルテイン)は黄斑を守る。(鮭も効果的)
⇒赤い色素(アスタキサンチン)は目の老化を防ぐ。

3.誰もがなる白内障

白内障とは無色透明な水晶体が白く濁ること。⇒景色など白くぼやけて見える!
原因としては、喫煙など!

4.老眼でも快適 驚きの対処法

モノビジョン法⇒片方に遠くにピントをあわせたコンタクトレンズ、もう一方に近くにピントをあわせたコンタクトレンズを装着する。

脳が自動で見たいほうを選ぶ!

人によって合わない場合もあり、運転などは注意が必要なので必ず専門医の支持に従って下さい!

5.若者に急増 目の表層障害

放置したら、粘膜の剥離・細菌感染!

①危険なアイメイク マイボーム腺に注意!

マイボーム腺とは、まぶたのふちの内側にあり、ぎりぎりまでメイクをするとマイボーム腺を塗りつぶし、疾患の原因になる。

マイボーム腺を塗りつぶしたときの対処法⇒アイシャンプーなどでしっかり洗う。

目が痛いので1日何回も目薬をさす⇒✖目薬は回数を守らないと目に良くない!

目薬をたくさんさす⇒目を保護する涙の成分が流れ出る⇒目を傷つける!

用法・用量を守って使用することが大切

正しい目薬の差し方

1滴差す⇒目を閉じる⇒目頭を押さえる

②若者がよくつけているカラーコンタクト…目に傷がつきやすい

カラーコンタクトの選び方
・眼科で処方されるもの
・酸素透過性がよいもの
・金属が内側に入っているもの
・目のカーブにあうもの
・安全なものを選び使用法を守ることが大切

以上

《関連コンテンツ》

今回の記事お役に立ちましたでしょうか。ブログランキングに参加しておりますので、できましたら下のランキングバナーのクリックをお願いします!(クリックするとランキングが表示されます。)

  ⇓       

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です