長寿ホルモンが増える知恵 ~鹿児島・喜界島に学ぶ~ 健康カプセル!元気の時間 1月28日の放送内容について

1月28日に放送された、健康カプセル!元気の時間~鹿児島・喜界島に学ぶ~長寿ホルモンが増える知恵の内容についての情報提供です!

奄美群島は100歳以上の高齢者数の割合が全国平均の3倍ご長寿が多い地域、特に喜界島には世界最高齢の117歳の女性がいる。

喜界島に学ぶ健康長寿の秘訣

畑仕事
畑仕事

健康長寿のヒント1  
毎日の畑仕事・サトウキビ

サトウキビ⇒カリウムが豊富なため血圧を下げる効果がある

黒糖⇒精製されていないためミネラルなどが豊富で生活習慣病の予防が期待できる

健康長寿のヒント2  
毎日の体操

①足上げ⇒左右の足を10秒ずつ上げ10セット繰り返す(座った状態)

②足の曲げ伸ばし⇒左右の足を10秒ずつ曲げ伸ばし10セット繰り返す(座った状態)

健康長寿のヒント3  
皮まで食べる花良治みかん

花良治みかん⇒ポリフェノールの一種であるポリメトキシラボノイドという成分が豊富

ポリメトキシラボノイド⇒がん作用・血糖値・血圧の上昇抑制・アルツハイマー病予防効果がある。皮に多く含まれる。

健康長寿のヒント4    
ヤギ肉

ヤギ肉⇒疲労回復や滋養強壮に効くとされ、沖縄や奄美地域で古くから食されている。高たんぱく・低脂肪・鉄や亜鉛などのミネラルが豊富。

老化防止・免疫力をアップする。


Sponsered Link

健康長寿のヒント5   
大工仕事・長命草

ボタンボウフウ(俗名:長命草・サクナなど)、せり科の仲間で喜界島では病気予防に食べられている。骨粗しょう症・生活習慣病の予防・老化防止に効果がある。てんぷらで食べるのがオススメ。

喜界島の人たちは食生活と運動量からみて長寿ホルモンが高いと予測される

長寿ホルモン(アディポネクチン) ⇒インスリンの働きを助け、糖尿病の予防・改善を促す働きがある。

高血圧の予防・改善や中性脂肪を減らす働きもある。傷んだ血管を修復して、脳梗塞や心筋梗塞の予防する。内臓脂肪から分泌されるが脂肪が付き過ぎるとアディポネクチンの分泌量が減少してしまうので肥満を防ぐことが大切。

長寿ホルモンを増やす食べ物⇒大豆製品・緑黄色野菜・海藻類・柑橘類

①大豆たんぱくが含まれる豆腐や納豆などの大豆製品

②ほうれん草やブロッコリーなど食物繊維を多く含む緑黄色野菜

③マグネシウムを含むヒジキなどの海藻類・ごま・ナッツ類

④ノビレチン(ポリフェノールの一種)を含む柑橘類皮に多く含まれる・シークワーサーや柚子の皮に多く含まれている

⑤アディポネクチンはすぐには増えない 日常的に長期間食べることが必要

以上

《関連コンテンツ》

今回の記事お役に立ちましたでしょうか。ブログランキングに参加しておりますので、できましたら下のランキングバナーのクリックをお願いします!(クリックするとランキングが表示されます。)  ⇓       

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です