判明 認知症の新たな予防改善法 ! 名医とつながる!たけしの家庭の医学 1月23日 放送内容②

今回は、1月23日名医とつながる!たけしの家庭の医学の② 認知症を予防する
判明!認知症の新たな予防改善法

認知症は、今日本人が最も気を付けなければいけない病気のひとつで認知症を発症する詳しいメカニズムは未だ完全に解明されていない。発症を防ぐ有効な手立てが無い。

認知症の原因物質の1つが最新研究によってついに発見され、有効な予防法として大きな期待が寄せられている。

《LPS⇒体内の常在菌(常に体内にいる菌)が出している毒素( 誰の体にも存在している)》

何らかの原因で異常に増加してしまうと、脳細胞などで炎症が発生⇒ 認知症を発症

・LPSが増加している人にはある共通点⇒強い口臭がする(PSと同時にニオイも発生しているため口臭が指標となる)

《LPS撃退にミツバチがカギを握っている》

ハチミツ⇒ミツバチが花の蜜を集め体内で消化し分解した物質

《ハチミツに含まれLPSを撃退できる成分フラボノイド》

フラボノイド⇒主に植物などに含まれウィルスや細菌などを撃退する強い抗菌力を持つ

《ハチミツに含まれる10数種類のフラボノイドがLPSに特に有効》

ハチミツのフラボノイド⇒ 体内でLPSの働きを低下⇒ 炎症を鎮め元通りに

認知症の予防改善は日本の懸念事項!


Sponsered Link

《検証 ハチミツで認知症を予防できるのか》

検証内容
・LPSを減少させる⇒ハチミツを毎日摂取(毎晩スプーン1杯だけ摂取)
・LPSを生む口の悪玉菌を除去⇒歯磨き(3食の後すぐに行う)
・検証期間5日間

・LPSは就寝中に増加⇒寝る前にハチミツを摂取して予防
・ハチミツは糖分が多いので摂り過ぎに注意⇒スプーン1杯程度が適量
・歯磨きは、毎食後なるべく早く行う

《検証結果》

・口臭が減り、血液中のLPS量はわずかだが減っていた
・以前は、買い物などで買い忘れがあったが、買い忘れがなくなった

★長期間続けることが大事

以上

《関連コンテンツ》

今回の記事お役に立ちましたでしょうか。ブログランキングに参加しておりますので、できましたら下のランキングバナーのクリックをお願いします!(クリックするとランキングが表示されます。)

  ⇓       

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です