中性脂肪を減らす食材を発見&老眼を改善! 名医とつながる!たけしの家庭の医学 2月6日放送内容①

今回の健康寿命を延ばすためにいまできることは、2月6日(火)名医とつながる!たけしの家庭の医学で紹介された中性脂肪を減らす食材を発見&老眼を改善です!

《中性脂肪を減らす~中性脂肪を効率よく減らす食材~》

・中性脂肪が増えすぎると体脂肪として蓄積されてしまう
・中性脂肪が増えてしまう主な原因は、炭水化物や甘い物など糖質の摂りすぎ
・糖質は、生きていくのに大切なエネルギー源だが、加齢による筋肉量の低下により、エネルギーがあまり、中性脂肪として血液中に溢れてしまう
・その結果、身体中の脂肪が増えたり、脂肪肝になったり、心筋梗塞を引き起こしてしまうこともある

《中性脂肪最大の難点は、身体に溜まりやすく、減らしにくい! どうやったら効率良く改善できるのか》

・溜まった中性脂肪を効率よく減らしている町がある
・徳島県美馬市脇町
・住民の方に協力してもらい、中性脂肪値を検査したところ、15人中11人が標準値(150)以下

・その人たちに聞いてみたところ、キクイモをよく食べていた
キクイモ⇒キク科 ゴボウなどの仲間

・キクイモを食べ始めたら、体重が減った人も

《どうやって食べているのか》

・鍋の具材・キクイモのかき揚げ・きんぴら・キクイモを練りこんだキクイモそばなど
(徳島・熊本・長野などから通信販売で取り寄せ可能)

Sponsered Link

《キクイモには、中性脂肪を低下させる水溶性食物繊維イヌリンが含まれている》

・イヌリンが身体の中に入ると、水分と混ざりゼリー状になり、糖を包み込み、小腸で吸収されず大腸へ→糖が血液に流れるのを防ぎ中性脂肪を減らす
・大腸に運ばれたイヌリンは、善玉菌だけのエサになる→乳酸菌やビフィズス菌などが腸の中で増える
善玉菌が作る物質が、中性脂肪の合成を抑制してくれる

イヌリンは、キクイモ以外に、どんな食物に含まれているのか⇒ニンニク・ごぼう・玉ねぎ・アスパラ など

以上

今回の記事お役に立ちましたでしょうか。

《関連コンテンツ》

ブログランキングに参加しておりますので、できましたら下のランキングバナーのクリックをお願いします!(クリックするとランキングが表示されます。)

  ⇓       

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です