ひざ・腰・股関節の痛み改善!一生健康的に歩こう!

今回の健康寿命をのばすために今できることは、4月2日(月)放送の名医のTHE太鼓判!「ひざ・腰・股関節の痛み改善!一生健康的に歩こう!」の内容についての紹介です!

関節痛

なぜ?痛くないのに動きづらい!原因は「神経の圧迫(脊柱管狭窄症)」

脊柱管狭窄症⇒骨の間にある椎間板とじん帯が、加齢など様々な理由で飛び出し、神経の道である脊柱管を圧迫してしまうこと

神経が圧迫しているため、脳からの命令が足に伝わりにくい

改善方法

自転車をこいで運動(前かがみで痛みがない人に限ります)

股関節が硬い

ペシャンコ座りは股関節に問題あり!?(お尻を直接床に付ける座り方)

臼蓋形成不全 股関節の骨盤のかぶりが浅い

       正常であれば衝撃を骨の中心で受けるが、かぶりが浅いと骨の端で受ける

       すると将来、骨が変形し歩きづらくなる可能性がある

ペシャンコ座り=臼蓋形成不全の可能性

摩耗した軟骨は2度と回復しない

誰でも50歳くらいから減ってくる

股関節の疾患を予防

トリガーポイント(硬さの原因となっている部分)で筋肉を柔らかく

・股関節のトリガーポイント

尻の横の筋肉(中殿筋)の付け根約15秒ほぐす(左右両方)

(ほかにも凝っている場所があればほぐすとより効果的)

*ゴムボール・テニスボールを使えば1人でもできる

おしりエクボ体操

かかとを上げ合わせるとエクボができる

エクボが出来た状態を10秒キープ

1回10秒を1日3回行う


Sponsered Link

ヒザ痛で杖が手放せない!原因は「関節の変形」

変形性膝関節症 軟骨がすり減り、骨と骨がこすれ合い痛みがでる

ヒザ伸ばし体操

ヒザを伸ばし、ヒザの皿の上に両手を当てる

垂直に押しヒザの裏を伸ばす

*痛みのない程度に伸ばす

10回繰り返す

1日の目安  10回1セットで5~6(3時間おきが理想)


Sponsered Link

腰が痛い!原因は「姿勢」&「ぶかぶかの靴」

ぶかぶかの靴⇒足元がぐらつくと姿勢も不自然になり腰に負担がかかる

腰が悪い場合は、くしゃみにも注意!

くしゃみが出そうになったら、口を押えもう片方の手で壁か机に手をつきくしゃみをする 

くしゃみの腰を曲げる衝撃は強いので、衝撃を和らげる

(壁や机がない場合は、くしゃみの前に腰を反った姿勢で、あまり曲げないように) 

壁ドン体操

壁から1歩離れ足を肩幅に開く

両手を壁につけ腰を反らす

1日の目安 10回1セット×5~6(3時間おきが理想)


今回の記事お役に立ちましたでしょうか。
ブログランキングに参加しておりますので、できましたら下のランキングバナーのクリックをお願いします!(クリックするとランキングが表示されます。)

  ⇓       

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です