突然死のリスクを回避!カギは血管&血液

今回の健康寿命をのばすために今できることは、4月26日(木)主治医が見つかる診療所「突然死のリスクを回避!カギは血管&血液SP」で紹介された内容についての記事です!


Sponsered Link

脳梗塞、心筋梗塞など、何の前触れもなく突然私たちを襲う可能性がある突然死!

しかし現在、突然死にまつわる様々な研究が行われており、最近の研究ではその予防の方法も明らかになってきました

突然死⇒発症から24時間以内に死亡すること

突然死のリスクを下げるおススメの習慣【自転車に乗る】

イギリス・グラスゴー大学の研究で、自転車通勤の人と車・電車通勤の人で心臓病の発生率を比較したら、自転車通勤の人が心臓病のリスクが約4割低かった!

突然死のリスクを下げるおススメの習慣【犬を飼う】

スウェーデン・ウプサラ大学の研究で、犬を飼っている人は、循環器疾患による死亡リスクが23%低かった!また、最近の研究では、犬といるだけでセロトニン(精神安定物質)、触れることでオキシトシン(快楽物質)が出ることがわかった。(精神の安定につながる)

突然死のリスクを下げるおススメの習慣【ヨーグルトを食べる】

アメリカの研究によると、高血圧のある人にヨーグルトの摂取を増やしたら、女性30%・男性19%心筋梗塞のリスクが下がった!ヨーグルトの中に含まれるカルシウムに血管拡張作用があり、腸内細菌が増えて、ポリアミンが作られ、血管内の炎症を改善してくれる。


Sponsered Link

心筋梗塞のリスクが3割減!海の恵み「アオサ」

アオサには、マグネシウムが多く含まれている。

人間の筋肉は、マグネシウムが来ると緩む。マグネシウムが血管を拡げてくれる。

マグネシウムを多く含む食事をした人は、心筋梗塞などを発症するリスクが、男性34%、女性39%低い、という調査結果もある。

通常アオサは乾燥して売られているので、食べる際は水で戻す。

アオサのレシピ

・乾燥したままのアオサをみそ汁の中にいれる。

・乾燥したアオサをレンジで10秒チンして、ビニール袋に入れ揉む⇒パン粉の代わりにする。

糖質を控えたい人におススメ「アオサご飯(ダイエット効果もあり)」

白だし・醤油・みりん・砂糖・塩・酒の中にアオサを入れ、だしがなくなるまで煮詰め、炊いたご飯に混ぜる。  

*アオサは繊維質も多く含んでいるため、炭水化物と一緒に食べると吸収がゆっくりになる。

「アオサがんもどき(突然死の予防におススメ)」

・水を切った豆腐・卵黄・片栗粉を混ぜ、戻したアオサを入れ混ぜる。

・丸く形を整え、180℃の油で3分揚げる(生姜醤油で食べるのがおススメ)


今回の記事お役に立ちましたでしょうか。
ブログランキングに参加しておりますので、できましたら下のランキングバナーのクリックをお願いします!(クリックするとランキングが表示されます。)

  ⇓       

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です