2.有酸素運動の目安と効果について

ジョギング
ジョギング

有酸素運動の効果を得るためのポイント

有酸素運動は、20分以上継続して行うことでより高い効果が期待できるそうです。これは、運動を開始して20分ほど経過したあたりから脂肪が活発に使われるようになるためです。

しかし、20分以上続けなければまったく効果が得られないわけではなく、10分の運動であっても脂肪を消費することは可能です。あまり無理はせず、自分の体力や体調に合わせて行いましょう。

長く続けるのが難しい場合は、5分~10分を数回にわたって行うなど、単発の時間を積み重ねる方法もあります。これでも、20分以上継続するのと同等の効果が見込めるので、体力に自信がない方はぜひ試してみてください。

ちなみに、通常の運動は有酸素運動と無酸素運動が組み合わさっているものがほとんどで、一般的に有酸素運動と呼ばれるものは、「有酸素運動の割合が多い運動」を指しています。

脂肪の減少を目的として行う場合は、有酸素運動の中でも、よりその割合が多い運動が効果的です。たとえば、ジョギングとウォーキングはどちらも有酸素運動ですが、ウォーキングの方がその割合が多いため、脂肪の減少に向いていると言えます。

有酸素運動を続けるための注意点

運動強度が低いからといって油断すると、思わぬケガなどのトラブルを招く可能性があります。例え、どんなに強度の低い運動であっても、行う前にはストレッチなどの準備運動を行い、しっかりと体をほぐしましょう。

最初に目指すべきは10分の継続!理想は分数よりも毎日継続すること。

 

有酸素運動の効果を高めるためには、運動前に筋トレを入れるとさらに効果的です。